.
Search

【Germein】インタビュー

Written by Live Nation Asia / June 26, 2020

こんにちは!インタビューを受けてくれてありがとうございます。あなた達のことを皆さんに教えてもらえますか?

こちらこそありがとうございます!私たちは南オーストラリア出身の3姉妹のインディー・ポップ・ロック・バンドです。ここ数年はイギリス、ドイツ、オーストラリアを拠点に活動しています。オーストラリアのアデレード・ヒルズにある家族経営の農場で一緒に育ち、常にジャム・セッションを演奏していましたが、海外ツアー、サポートアクとしてのライブ、音源のリリース、そして今回のライブネーションのRed Rover Virtual World Tourなど、音楽のキャリアを積むようになったのは最近です。

バンド構成は、まずリードボーカル、ギター、ピアノ、ソングライターでありハット愛好家のGeorgia。彼女はもの静かですが、素晴らしい音楽の耳の持ち主でレコーディングとプロダクションに長けています。
Ellaはベース、エレクトリック・チェロ、バッキング・ボーカリストで、ステージの内外でバンドを引っ張る存在です。彼女はスパンコールショーツのコレクターで、バンドのクリエイティヴな方向性を決める上で重要な役割を担っています。
そして最後にClara。彼女はドラマーでありバッキング・ボーカリストでナイフやフォークなどランダムなものを用いてドラムを演奏しています。グループの要であり、皆の心の拠り所でもあります。彼女はバンド・ロジスティクスでも大きな役割をになっていて、ツアー中はとても頼りになります

 

音楽を始めるキッカケになった出来事やアーティストについて教えて下さい。

私たちは、B.B. KING,、VAN MORRISON、 CAT STEVENSなどを聴いて育ちました。父はニューオーリンズのR&Bバンドでトランペットを演奏していました。また、幼い頃、母がピアノを弾いている間、部屋で歌ったり踊ったりしたりしていました。自分たちで楽器を演奏し始めると、祖父母や友人が家に来た時に小さなコンサートを開いたりもしました。地元の町のメインストリートで路上ライブを行うこともあり(Georgiaはバイオリン、Ellaはチェロ、Claraはピアノかサックス)、その間弟はラベンダーの束を通行人に配っていました。その後、弟はトランペットで参加することになるのですけどね。

5歳か6歳の頃に母が音楽コンクールに応募して、Ella Fitzgeraldの「A-Tisket A-Taskit」をステージで歌ったのを覚えています。Georgiaは私達の中で一番小さく、シャイだったのですが、そんな小さな子が驚くほど深く強い歌声で歌ったので観客がみんな驚いてました。
Georgiaが11歳のとき、ASMEヤングコンポーザーズアワードを初めて受賞して、その後国内外の作詞作曲コンペティションを多数受賞しました。高校でGeorgiaはギターを、Ellaはベースを、、当時サーフィンのインストラクターとして働いていたClaraはまだドラマーがいなかったのでドラムをそれぞれ独学で習得しました。

最初の数年、ほとんどのライブは田舎の町のバー、パブ、小さなフェスティバルでしたが、時が経つにつれ、ベトナム、中国、ニュージーランド、カナダ、ドイツ、スイス、イギリス、アイルランド、スコットランド、スペインなど海外で演奏する機会を得るようになりました。また、素晴らしいアーティストのためのオープニングや、お気に入りのフェスであるワイト島フェスティバルにも出演することが出来ました。「頬をつねって!これって現実?」と思う瞬間がいくつもあり、いつも感謝しています。

あなた達のことを知らない人に自身の音楽をどのように説明しますか?

エッジの効いたギター、臨場感あるベースやドラム、そしてそれらを私達のシグネチャーでもある姉妹のハーモニーでまとめたキャッチーなインディー・ポップ・ロックのオリジナルソングでしょうか。

 

最新シングルの「Little Part of Me」について教えて下さい。

すべてがバラバラになっているように見える、ある種の壊れた関係にいることについての楽曲です。すべてが壊れたとき、別れることが最善であるとわかっていたとしても、まだその人を愛していて、まだ関係を修復するチャンスがあるかどうか自問自答してしまいますよね。まだどこにいてもその人のことを引きずっていて、その人が「すでに離れていった人」なのかどうか考え込んでしまうでしょう。

 

少し難しい質問です、今までリリースした中で一番のお気に入りはどの楽曲ですか?理由も教えて下さい。

全員それぞれお気に入りの曲が違うので、答えるのが難しいですね。でも、バンドとして言うのであれば「Red Rover」でしょうか。エネルギッシュでオーディエンスと一緒にシンガロングするのはとても楽しいです。あとは「Little Part of Me」のアコースティック・ヴァージョン。とても才能のある高校の友だちYuhki Mayneがヴァイオリンを弾いていて、心惹かれます。

 

Phil CollinsやLittle Mix、Jess Glynneとツアーをしましたね?このようなアーティストと仕事することはどうでしたか?

このようなアーティストのサポートを務めることができたのは本当に素晴らしい体験でした。決して忘れることのない経験です。特にPhil Collinsは、私たちが彼の音楽を聴いて育ったので、本当に「ワオ!」と思った瞬間の1つです。彼は音楽業界でアイコニックな伝説的存在であり、彼と彼のバンドがライブで演奏するのを見るだけでも、心を打たれました。Little Mix も現実でないようでしたよ。これまでそれほど多くのオーディエンスの前で演奏したことはなかったため、15日間毎晩25,000〜35,000人の前で演奏する大規模なスタジアムツアーに同行できてとても楽しかったです。私達の友人、ファン、思い出にはこれからもずっと感謝し続けますね。

  

あなた達の今までの音楽のキャリアで一番のハイライトを教えて下さい。

たくさんありますが、昨年のUKのヘッドラインツアーを挙げなければいけませんね。ファンが会場の前に並んでいて、全員がオリジナルの曲に合わせてシンガロングしてくれたのはとても素晴らしい体験でした。スコットランドでは1公演あったのですが、ヴェニューに年齢制限があり、ファンの1人が参加できなかったので、彼女と母親のためにプライベートコンサートを行いました。演奏中、彼女が最高の笑顔で彼女の母親を見上げたり彼女のあってハグしたのは特別な瞬間でしたね。

 

What’s on your playlist right now?今どんな曲があなた達のプレイリストに入っていますか?

Ella - Gavin James, HUX, Hall and Oats, Little Hours, Germein (もっとSpotifyで再生されなきゃ笑!) Charlie Puth, Slang, Churches, Smallpools, Delta Goodrem, Shania Twain, Haim, Kolidescopes, The Beatles, Kacey Musgraves, Rachael Fahim, Anne Marie, Nina Nesbit, Tchaikovsky Swan Lake series & Vitamin String Quartet

Clara – Walk the Moon, The McClymonts, Queen, Van Morrison, Lewis Capaldi, & Scott Helman

Georgia – James Bay, Sting, Paramore, Panic! at the Disco, John Mayer, Coldplay, U2, Mumford & Sons, Dave Matthews Band, Phil Collins, The Waifs, Vance Joy, The Killers, & Wicked

 

今夜のヴァーチャル・ワールド・ツアーを楽しみにしています。どのようなライブになるでしょうか?ライブを見るファンの方へメッセージをお願いします。

新しい曲をいくつか演奏して、金曜の夜の始まりに相応しいようなアップビートでエネルギッシュなライブにするつもりです。世界中どこから見ていたとしても、気軽に歌って踊って皆さん楽しい時間を過ごして下さい。気に入った曲があったらストリーミングプラッドフォームで自分のプレイリストに追加するのを忘れずに!SNS(@germeinsisters)や私達のウェブサイト(www.germeinsisters.com)からも是非連絡を下さい。もらったメッセージには出来る限り返信するようにしています。今の困難な時期にいいバイブスを届けられるといいと思っています。そしていつかあなたの町に行って演奏できることを楽しみしています!
今夜7時に会いましょう!
Xxx

-- 

Catch Germein’s performance on Live From Home:

6月26日午後7時(日本時間)

視聴はこちら
  • Live Nation Japan - https://www.livenation.co.jp/livefromhome
 

Back to Top